木造住宅の施工方法

木造住宅の施工方法 一口に木造住宅と言っても、その施工方法には様々な種類があります。 木造軸組工法は、柱や梁などを組み合わせることで家を支える建築方法です。在来工法とも呼ばれる日本の伝統的な工法で、設計や間取りの自由度が高く、増築やリフォームにも適しているというメリットがあります。 木造枠組壁工法は、規格化された角材と合板を組み合わせて箱状の空間を形成する手法です。ツーバイフォー工法も木造枠組壁工法の一種で、面で建物を支えるため耐震性や耐風性に優れるという特徴があります。また、比較的簡単な手法なので、品質にバラツキがなく、工期も短いというメリットがあります。 木造ラーメン工法は、鉄骨の建築方法を木造に応用した建築方法です。太い柱で長方形の枠(ラーメン)を形成する手法で、大空間を作ったり大きな窓を採り入れたりするのが容易という特徴があります。 このように、木造住宅には様々な施工方法があるため、それぞれの特徴を理解した上で最適なものを選択することが大切です。

木造住宅をハウスメーカーで建てることの利点

木造住宅をハウスメーカーで建てることの利点 木造住宅と言えば、地元の工務店や昔ながらの大工さんに依頼するイメージがあるかもしれません。実はハウスメーカーでも木造住宅を建てることができます。ではハウスメーカーに依頼する事には、どのようなメリットがあるでしょうか。一つは技術面で安心することが出来るという点です。もちろん下請けに依頼することもありますが、会社の名前がかかっていますからある程度のレベルの職人や技術者がそろっています。ですから建築技術に関しては、一定のレベルに達してると言えます。別の点はアフターサービスが万全であることです。家は建ててからが、良しあしが出ます。そのようなときにいつでも対応してくれるサービスは、大企業ならではと言えます。決して建てっぱなしということはありません。別の点はデザイン力です。地元の工務店では、腕は良くてもデザインに関しては期待通りに行かないことがあります。なにしろ国内ではひと昔前までデザインという概念がなかったからです。