木造住宅におすすめの間取り

木造住宅におすすめの間取り 木造住宅を建てたいという場合、おすすめの間取りを確認しておくべきです。まずは採光について考えておくことが大切です。採光は気持ちの良い空間づくりに欠かせないものですし、一日を通して日当たりの良い場所と悪い場所を知っておくことがポイントです。居室は人が長時間過ごす部屋ですし、これはできるだけ日当たりの良い場所に配置するのがおすすめです。逆にトイレや浴室といった水周りは日当たりが良くない場所にしましょう。木造住宅の間取りでは生活動線を考えることも大切です。家族一人ひとりの一日の動きや流れを想定し、よく使う部屋とその部屋を使っている時間を整理していきます。また、現在だけでなく5年後や10年後も想定して考えていくべきです。将来的に両親の介護や子供が巣立つといった出来事についても考えることが大切です。使用する予定の家電や家具の位置なども計画しておきましょう。事前に考えておくことにより、コンセントや照明の位置を検討しやすくなるのです。

注文住宅で木造住宅と鉄骨造りで違いは何か

注文住宅で木造住宅と鉄骨造りで違いは何か 注文住宅を建てたいという方が悩むのは、木造住宅にするか鉄骨造りにするかだと思います。どちらも良い所悪い所がありますが、生涯一度の高い買い物なのでその特徴を知っておくことが重要です。木造住宅の良さは、日本の風土に合っているということです。そのため材料にもよりますが、寸法の安定性があり耐震性があり価格が安いことです。反面、火災に弱く、鉄骨に比べて耐久性は低くなります。 木造に比べて耐久性が高く、火災に強いのが鉄骨造りです。間口を広くとることができ、窓を広く明るい家を建設できます。価格が高いのが難点になりますが、白アリなどの被害にもあいにくく、火災保険も安くつけることができるのです。設計の自由度が低く結露やカビが生じることもあるので考慮することが必要です。 どちらにも、いい面悪い面はありますが、それはそれぞれが持つ特徴が異なっていることにもよります。住宅に求めるこだわりが違えば、建てるべき住宅も違ってきます。メリットやプランにおける価格などを参考に決めるのが良いです。